アニマルセラピスト®資格認定機関 社団法人日本アニマルセラピスト協会 アニマルセラピー活動 アニマルセラピスト初級資格が無料で取れるキャンペーン中《アニマルセラピー無料資格取得》メールアドレスを登録するだけで無料資格取得講座が受けられます。犬 資格 セラピー犬資格

協会概要

  • HOME »
  • 協会概要

(社)日本アニマルセラピスト協会のホームページに来て頂きましてありがとうございます。

当協会はアニマルセラピストの技術向上とアニマルセラピー知識の共有、標準化を行い

全国で一定水準以上のアニマルセラピー活動が受けられ、これからますます進むであろう高齢化社会での

アニマルセラピー活動の重要性を日本中に示し、広く提供する趣旨で設立されました。

当協会では主に、犬を用いて行うドッグセラピー部門と、馬を用いて行う

ホースセラピー部門で構成されてます。

アニマルセラピー活動において最も重要なのはパートナーアニマルの質とアニマルセラピストの技術です

私達はこの項目を向上させて行き、アニマルセラピーを受ける側も、提供する側も

みんなが笑顔になれるアニマルセラピー活動の実施を目指します。

               一般社団法人 日本アニマルセラピスト協会 

                       代表理事 渡部正okNcWLxBzrRUFMT1394816642_1394816723

 

理事写真2■ 愛媛県出身  
(社)日本アニマルセラピスト協会 代表理事
■ 東温乗馬クラブ 代表
 日本IBコンサルタント協会 理事
 東温ライオンズクラブ PR情報委員長
■ 愛媛アニマルセラピー・ホースセラピーセンター
  センター長
 東温ライオンズクラブ 理事
■ 愛媛県貸し農園・園芸療法研究所 所長
■ AAT心理カウンセラー
■ 経営コンサルタント・マーケティングコーチ
 
 
10歳の頃、母親が交通事故で身体障害者重度1級(植物状態)になり、その影響からいわゆるPTSD(心的外傷後ストレス障害)となり、登校拒否などを繰り返す。
 
見かねた父親は、友人の大学病院教授に相談すると、教授がドイツ留学中に勤務地の大学病院内でアニマルセラピー(ホースセラピー)などを心的障害の児童や患者に施術していた事を話し、ヒポセラピーの初歩的基礎を教わる。
11歳の頃いきなり父親が2頭の馬を飼い始める。最初はイヤイヤ馬の世話や乗り運動などの手伝いをしていた物の、動物とふれあい、世話などをしているうちに、心の平穏を取り戻し、12歳になる頃には全快し馬術大会やホースセラピー体験会等にも、インストラクター役として参加するようになる。
 
1993年に西日本初のアニマルセラピー・ホースセラピー体験が出来る「愛媛ホースセラピー・アニマルセラピーセンター」を設立しアニマルセラピー活動を開始する。
 
1995年からドイツ人ホースセラピストで理学療法士・馬術オークションべライダーでも有るマリア・ビエナード女史に師事し、3年間をかけてヒポセラピー・馬場馬術の基礎的技術をマスターしてアニマルセラピー・ホースセラピー活動を開始する。
 
学校卒業後は、外資系投資ファンドにて外国為替トレーディング、債券ディーリング、企業再生、戦略コンサルティング業務、渉外業務などに従事するも、体調を崩し田舎の愛媛県に戻る。
 
長年「愛媛ホースセラピー・アニマルセラピーセンター」のセンター長として活動していた父も高齢の為、翌年から新センター長として勤務する事となる。同時に東温乗馬クラブを開業する。
これまでの通算活動年数15年以上、延べ活動日数3000日以上
日本で一番活動回数が多いであろう【アニマルセラピスト】として知られる。アニマルセラピーの第一人者
 
 
アニマルセラピスト初級講座1


【無料】初級アニマルセラピスト講座お申し込みフォーム
お名前  *
メールアドレス  *
性別  * 男性 女性

受付時間 10:00~17:00(土・日・祝日除く) TEL 03-6667-5624 メール:info@jata55.com お問合せはメールでお願いします

  • twitter
PAGETOP